teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. コスプレ衣装とコスプレウィッグの制作と販売(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:24/160 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

バラガン邸をたずねる

 投稿者:mirutake  投稿日:2009年10月20日(火)23時51分0秒
  通報
  SANAAのバラカン展見てきましたが、ひどいと思いました。
2003年前に安藤忠雄の会場構成でバラカン展がありましたから、その次と言うことで、すごい期待していったのが良くなかったのかもしれませんが、今度はバラカン自邸の再現があるものと思って行きました。

建築空間とは壁で構成されたものを言うのだと思わされましたね。
会場にはバラカン邸の家具がセットされていて、雰囲気を作ろうとしているのですが、如何せん壁はワタリウムなのですから、無理というものです。こんな状態で、家具構成だけでバラカン邸の空間を演出できると考えることがおかしいと思います。いったいどうしたことなのでしょうか。


少しおかしな言い方かもしれませんが、抽象空間を作っているSANAAが、家具を持って意味させようと言うのが不思議でさえあったのです。なぜなら、SANAAとは均質空間を遣っているのではなく、意味する抽象空間を遣っているのですから。意味する抽象空間とは、抽象を目指す空間の作り方が、均質空間に行こうとすることを立ち止まって、均質では無名性に陥ることになり、集団のデザインになってしまうのだから。何とか踏みとどまる方法が、意味在る抽象空間と言うことになる。少なくも妹島和世はここにいると思っている。
それに対し、均質空間とは、意味させない空間であり、そこではそこに住む人とか、家具によって意味在る空間となすものだ。時代の多くの者は抽象空間を目指すとここに行ってしまうのが普通と言うことになる。抽象空間は脱色に向かってただ突き進むとき、そこに行くしかない物なのだ。
意味する抽象空間を目指しているはずの妹島が、家具によってバラカンの空間を作ろうとすることは錯覚と思う。建築は家具だけでは成り立たないのではないか?始めに言ったが、建築は壁によって空間あらしめる物だとしか思えないのだが。そこにある空間はどう見たってワタリウムとしか思えないのでのですが。

もう少ししゃべれるか。
妹島の傑作は表参道ディオールだが、あの外装カーテンウォールは均質空間だろう。けれどカーテン様のアクリル板で意味するものを付加した。そのことによって、建物全体のガラスカーテンウォールが、いままでにない透明感のある淡い白色の<濃淡>に包まれた。その白色の塔は、表参道の暗がりにひときわ光り輝くのであった。それはカーテンを=家具を建築化したのだ。あのカーテン様のアクリル曲面は妹島の物だ。意味する抽象と言うことだった。
 
 
》記事一覧表示

新着順:24/160 《前のページ | 次のページ》
/160