teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


長崎県で消火器の不適正取引(79)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年12月 1日(火)17時18分35秒
   11月6日午前9時頃、業者から大村市内の小児科医院へ「消火器が交換時期に来ている。これから伺いたい。」と電話があった。電話に出た医師である夫は、保守契約を結んでいる業者と勘違いして了承した。業者1名が11時頃来訪し、医師は診察中だったため、応対した妻に「消火器が古い。5年経過しているので交換しなければならない。院長の了解を得ている」と言った。妻は疑うことなく、設置されていた2個の消火器の交換を認め、請求された37,800円を支払った。設置されていた消火器は業者が持ち帰った。その後、妻が領収書の社名を確認したところ、契約を結んでいる業者ではなかったため、契約業者へ連絡し、その契約業者から消防署に連絡があったもの。消防署は、クーリングオフ制度の説明等及び脅迫等があれば警察に相談することも助言した。消防署がその後の経過を確認したところ、代金は業者から返金され、設置されていた消火器は返却され、販売した消化器は引き取っていた。  
 

長崎県で消火器の不適正取引(78)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年11月10日(火)09時23分55秒
   西海市大島町内の個人住宅に二人組の男性が訪れ、「消防署から来た。一家に一台、消火器を置かなければならない。」と説明をし、消火器の購入を強く勧められた。販売価格は、1万5千円で、以前近所の店で見た値段より高かったので、購入しないと伝えると、立ち去った。当該個人宅から消防署で消火器の訪問販売を行っているのかと消防局に問い合わせがあったもの。連絡してきた本人は、訪問してきた男性の作業服を見て、消防職員と思っていたとのことであった。「消防署では消火器等の訪問販売はしていない。」と説明した。  

宮崎県で住宅用火災警報器の悪質訪問販売(77)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 4月 3日(金)15時22分55秒
   3月25日12時頃、えびの市内の住宅を男性と女性が2名で訪問。「消防署から頼まれて来た。4月から住宅用火災警報器を設置しなければならない。今なら定価11,000円のところを7,000円でよい。」と言って取り付けた。領収書は発行しなかった。  

宮崎県で住宅用火災警報器の悪質訪問販売(76)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 4月 3日(金)15時14分38秒
   3月8日12時頃、日向市内の女性宅を男性1名が訪れ、「○○会社の者です。台所を見せて下さい。ここには火災警報器が必要です。」と言って、台所の壁に住宅用火災警報器を取り付け、料金15,000円を請求、女性が料金を支払うと領収書を手渡し引き揚げていったもの。  

大分県で消火器の不適正取引(75)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 3月31日(火)09時02分6秒
   2月27日午前10時頃、中津市内の住宅を男性一人が「消防署の紹介で消火器の交換に来ました。」と訪れた。その男性は「近日中に消火器の取扱い訓練があると聞きました。今ある古い消火器を訓練に使用して、この際新しい消火器を購入してはいかがですか。」とやり取りをして、住宅の住人は消火器1本を購入した。その後住人は不審に思い消防署に連絡したもの。消防署では訪問販売や紹介は一切行っていないことを説明した。  

鹿児島県で消火器の不適正取引(74)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 3月30日(月)10時23分0秒
   2月26日12時05分頃、志布志市松山町内の個人宅を男性の消火器点検業者1名が訪問して「この消火器は8年経過している。8年経過した消火器は点検が義務です。点検させてください。」と言った。「去年点検したので必要ない。」と断ったところ、訪問した男性は法令集のような本を見ながら「ここに書いてあります。点検は義務です。」と説明を繰り返したのでやむを得ず点検を承諾した。男性が「消火器は持ち帰り点検して、後日持参します。点検料4,725円を今支払いをお願いします。」と言ったので、「点検後に消火器と引き替えに支払う。」と言ったところ、男性は預かり証を渡さず消火器を持って行った。不審に思い翌日、北部消防署に電話してきたもの。28日点検済みの消火器を持って来て点検料4,725円を請求したので、「消防署に問い合わせたところ、点検の法的義務はないとのことですので、点検料は支払いません。警察に通報します。」と告げたところ男性は消火器を置いて帰っていった。  

大分県で住宅用火災警報器の不適正取引(71)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 2月25日(水)16時34分27秒
   平成21年2月18日9時頃、大分市内の住宅を男性が訪問して、「この地区に住宅用火災警報器を取り付けている。前にも訪問したが不在だったので今日また訪問した。」と言って住宅用火災警報器を取り付けた。購入金額は取り付け込み19、000円であった。不審に思って後日23日に野津原包括支援センターに相談した。同センターから南消防署に情報提供があったもの。  

大分県で消火器等の不適正取引(70)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 2月24日(火)15時24分12秒
   平成21年2月21日9時30分頃、大分市内の住宅を男性1名が訪問して、「消火器を見せて下さい。」と言った。応対した家人が消火器を見せると男性は「この消火器は古いので新しいものに替えてください。」と言って、消火器(10型)を持ってきた。これは、私の家には大きすぎると言うと、男性は「今は、この型です。」と言い、契約書を書き22,050円を請求された。高すぎると言うと値引きして金額21,000円を受け取り慌ただしく帰って行ったので、不審に思い消防署に連絡したもの。  

佐賀県で消火器等の不適正取引(69)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 2月18日(水)15時05分5秒
   平成21年1月27日11時頃、多久市西多久町内の個人宅を男性2名が訪問。応対した妻に書類を見ながら「消防署から頼まれてこの地区を回っています。お宅の消火器は10年が経っているので取替が必要です。」と言われた。応対した妻も自宅の消火器は古くなっていると自覚しており、訪問した男性は首から名札のようなものを掛けていたので、信用して代金21,000円を支払い消火器1本を購入した。後日、ガス交換に来た業者にその話をしたところ、それはおかしいと言われたので消防署に通報したもの。消防署、消防団では消火器の点検を業者に委託し訪問販売させることは一切行っていない。  

佐賀県で消火器等の不適正取引(67)

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 2月 3日(火)14時40分16秒
   平成21年1月26日午後2時10分頃、男性(以下「A」という。)が太良町内の住宅(高齢者一人暮らし)を訪問して「消火器が8年経っているので交換しなければならない。」と言って、Aが持ってきた消火器と交換し、2万1千円を請求したので支払った。古い消火器は持って行ってくれないのかと聞いたところ、Aは「4月の訓練の時にでも使ってください。」と言って帰って行った。不審に思い隣の家に行って、消火器の交換に来たかと尋ねると来ていなかったので、消防分署に連絡したもの。訪問販売に来たのは2人組で、1人は家の外で持っていた。  

レンタル掲示板
/10