teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


上海訪問記・・・19

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2019年 2月16日(土)00時44分52秒
  あの時、私の帰宅後に何があったのか?私が知る由もありませんが、あの微妙な乗り心地の車が関係していたのでしょうか?

日本の幹線道路にも名前は付いているが、上海では数多くの道路に名前が付いている。
バス停名も、交差する二つの道路名だったりする。
双親家の目の前にある幹線道路が「南亭公路」。
この先で、南亭公路に交差しているのが「南橋路」で昨夜に商店街へ行くのに歩いた道だ。
南橋路に交差しているのが古華公園のある「解放中路」だ。
だから、双親家から古華公園へ行くのは、大通りを2回曲がれば着く。
朝7時過ぎに双親家を出て一人で歩く。20分くらい歩いて古華公園の近くまで来たが、公園の入口がわからない。大きな門構えの敷地に入って行くと、ホテルのような建物とロータリー。違う!公園につながっていない。再び解放中路に戻って歩いた。
お堀の向こうに公園が見えるのに入口が無い!公園と平行に歩き、結局、東端の工事中の入り口から入った。(東南入口)
公園の中からは出入口がよくわかった。西側の出入口(南入口)は外から見ると、まるで民家の入口。これはわかりにくい。面白い造りだと思った。目印は小籠包屋だ。
最初に東端の入口を入ると、おばさんが座り込んで得体のしれないものを売っていた。ザーサイの類か???
この日は日曜日。10人ほどのグループが楽器を持ち寄って演奏を始めようとしていた。
太極拳のような体操をしている集団も3グループほど見かけた。テレビで見たことのある光景だ。本当にやっているんだなーと実感。
小さな遊園地もあったが、営業はしていなかった。
園内を一周したが、歩いている人も多く、健康志向の人が多い公園だと感じた。
公園を出て、「南橋バスターミナル」へ行くことにした。
この辺りは道路が碁盤の目のようになっているので、南下して行くと迷わず辿り着くことが出来た。
つづく
 
 

かりゆし珍道中・・・18

 投稿者:また幹事長鈴木です。  投稿日:2019年 2月 7日(木)23時20分7秒
  鶴ヶ島の早朝ラーメン・・・懐かしいですなぁ~
あの後カベーに送ってもらい、ちんでんは無事帰宅・・・ざーちんも何とか無事に・・・しかしその時プチ事件発生・・・今思えば重大なインシデントでしたが、大笑いしながらやり過ごし?私も無事帰宅・・・お花を摘んで?入浴していたら救急車のサイレンの音が・・・
久し振りに思い出したこの話題だけで、次回関係者が集った時には1時間は飲める事でしょう???

二日目は海中道路で島めぐり・・・残念ながら天候は今一で風も強く、オーシャンビューを楽しむと言うよりは、激しい海風を受けながらハンドルを取られない様注意しながらのドライブタイム・・・折角沖縄に来て海を堪能しないのも・・・と言う事で最終地の伊計島の有料ビーチで(海見るだけで金取んのかい!!)形だけの砂遊び後、向かうは世界遺産の勝連城跡・・・城壁のみではありますが、ヨーロッパの遺跡を思わせる雰囲気は歴史の奥深さを感じ入るには十二分・・・しかし、ここで一番の発見は、城壁の間の草むしり作業をしていた人が喜名先生とクリソツだった事・・・何処からどう見てもクリソツ・・・まさか故郷に戻って来て・・・いやいや喜名先生にしては下腹に少々肉が付きすぎ・・・そしてちょっと若いかな・・・と・・・
親類か・・・否、兄弟に違いない???少々距離があったので大声で声を掛けるのも気が引ける・・・と言う事で見学後、帰りに声を掛けようと思っていましたが、最上部から降りて来た時には姿が見えず・・・先生に会う機会があったら是非真意を確かめたい処です。
この勝連城、一見の価値ありあり・・・一年前那覇市の接客する女性がいる飲食店で「首里城なんて行ってどうするんですか?」問われた事がありましたが、確かに首里城よりも見るべき価値のある場所は、案外多いのではと思った次第です。

指負傷により、キーボードを思い通り操れず・・・と言う事で一杯一杯の為今回はこの辺りで・・・
 

上海訪問記・・・18

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2019年 2月 1日(金)11時52分18秒
  旅好きの私に一応気を遣ってか、上海で行きたい所はあるか?と訊ねるので、「人民広場」と答えた。人民広場で何をするの?訊ねるので「親の婚活が見たい」と答えると、部外者が行くと怒られるぞ(>_<)とラオポォから忠告された。
他には?と訊ねるので、「宝山路駅に直結した鉄道博物館」と答えると、そんなところに行ったって見るだけなんだから写真で見ても一緒だろと言われ、スマホで館内の写真が羅列してある頁を見つけて私に渡してきた。私も「んー、なるほど、こんな展示物があるんだ、わかった、今回はいいや。」結局のところ、上海中心部は治安が悪いという理由でラオポォは行きたくないようだ。そんな訳で、今回の訪問では上海市街地へは行かなかった。
10年前、私が初めて人民広場を案内してもらった時、歩行者天国で吉野家を見つけた。日本で馴染みのチェーン店に興味津々。次回入ってみようかと考えていたが、今回の出発前にネットの口コミを読むと、「味が微妙」、「テーブルが汚れたまま」、「店員が・・・」等の意見が目立ったので、足が遠のいた。
もう一つ気になっていたのが”ニーハオトイレ”だ。
外灘へと向かう途中で入った公衆トイレ。目に飛び込んできたのは、大の大人が尻を出してしゃがんでいる姿。最初は障がい者かと思って目をそらしたが、どの大便器にも扉が無いのに気付く!!仕切りと袖壁はあるのに扉がないのでどうしても見えてしまう。
あの公衆トイレは健在なのか?
ところが、年末のテレビ番組で中国の公衆トイレ革命が報じられていた。
ニーハオトイレは急速に姿を消しているようだ。
私も尻を出しておくべきだったか?!尻出し修行・・・
こんなことを言っていると、同窓生から「ちんでんはやっぱり変○だ」と思われるのでこの辺で・・・。
双親家周辺には観光地が無いようなので、大きな公園でも無いのか?とラオポォに訊ねると「古華公園がある」と言い、地図を描いてくれた。
3日目の午前中は一人で冒険に出かけた。
つづく

月曜の朝に39度の熱が出てクリニックに直行。
「インフルエンザA型」の判定。職場に伝えると、ありがたいことに一週間の出勤停止命令。ゆっくり静養ができました。予防接種、マスク、手洗いに心がけていたのですが、どこかで手落ちがあったのか・・・と考えています。
どちら様も体に気を付けてお過ごしください。
 

上海訪問記・・・17

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2019年 1月23日(水)22時45分41秒
  夕食時に、スーパーで購入した缶チューハイをラオポォが一口飲んだところ、「オエ、マズイ、イラナイ」。私も飲んでみる。病院の消毒液の風味。「ん、不味い!」残り半分で飲むのをやめた。これじゃ、リピーターはいないし、チューハイの売り場面積は当分広がらないだろうと思った。

その後、皆で散歩に出る。目の前の大通りには自転車専用道もあって、昼間は電動バイク(上海人は自転車扱い)が多くて、軽快に静かに行き来している光景が印象的だったが、夕方になるとゆっくりペダルを漕ぐ普通の自転車が増えてきた。どれも同じ色と同じ形だと思っていると、止めてあった自転車を発見するなり、私に「乗るか?」とジェジェが尋ねてきた。スマホをかざすと一回一元で利用できるとラオポォが私に解説。「歩くからいい」と断ると、儿子に乗せようしていたが、結局サドルの調整が出来ずにすぐ放置!シェア自転車は壊れているものも多いので注意が必要だ。
私が前回来た時に見た”小さな一元ショップの店”は無くなっていた。子供のままごと品かゴミのようなものばかりだったが、それでも見ていて楽しかった。前回、朝食で利用した”お粥の店”もなくなったのだという。気に入った店がなくなるのは残念だ。
商店街に近付くにつれ、人が多くなった。とにかく昼間より通行人が多く、どの店にも人が入っていた。公園では音楽が鳴り、人々が踊っていたが、イベントではなく通常の光景だという。
シェークのようなジュースだけ売っている店があり、儿子と3歳の子は買ってもらい、飽きたので帰ると言ってジェジェと引き返した。私とラオポォは中型スーパーを見て、そこでペットボトルの水を10本購入して双親家に戻った。
つづく

何年前になるか?私がプチ同窓会に参加したのは15年くらい前か?かべーに連れていってもらった鶴ヶ島のラーメン「蝦夷」をふと思い出した。早朝に営業していた珍しい中華料理店で印象に残っていた。今もあるのかなー?と思って食べログで検索したところ、残念ながら閉店してしまったようですね。ストリートビューでは辛うじて外観を見れ、懐かしく風情が感じられました。
私はテレビの「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」や「帰れマンデー見つけ隊」が好きでよく見ています。名店は身近なところにあると改めて感じます。ラジオの伊集院光風に言えば、「俺の5つ星」になる店に今後出会えるか楽しみです。
 

上海訪問記・・・16

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2019年 1月15日(火)23時03分10秒
  私が双親家に戻ると、「これからデパートに行くよ」とラオポォが言う。
外に出るとジェジェが車で迎えに来た。途中の路地でラオポォとジェジェの従妹が3歳の娘を連れて乗って来た。デパートの地下駐車場へ入る。
まずは、明日に皆で食事をするレストランの予約をすると言う。
そのレストランは店の外の通路にもテーブルがあり、家族連れで賑わっていた。
ジェジェが予約したのは個室で、最後の一室だったと言う。
レストラン街をゆっくり移動。店頭でナンのようなものを焼いて売っている店の前で私の足が止まり、気になって見入っているとジェジェが一枚買ってくれて皆で味見をした。
日本で見かけるナンよりも薄くて少し硬め。円形で、時間が経つと完全に硬くなった。
その店の前に置いてあったメニューには「新彊」の文字が多かった。もしやこれは、ウイグル地区の料理店か!?少し興味あり。
店の前にはラクダのはく製のようなものもあり、子供たちが乗って遊んでいた。
その先には、通路よりも床が少し高くなっている火鍋料理の店があった。各テーブルに置いてあった仕切り付きの鍋が印象的。雰囲気も良く、機会があれば入ってみたい。
その先にあったのは子供向けのエリアで、おもちゃ売り場だった。儿子はジェジェにおもちゃを買ってもらう約束をしていたらしく、いろいろと迷っている。
私から見ればどれも不用品ばかり!儿子が無駄に高い車のおもちゃを手に持っていたが、
目立つ所にあった特売品のリモコンで動くロボットを発見。大人3人で儿子を説得し、ごり押しで購入!3歳の女の子にも色違いの同じ商品を購入。必要か???
その後、全員で双親家に帰ってロボットを動かしてみる。リモコンボタンが沢山あって、いろいろな動きをする。おもちゃも随分進化したなーと感心した。
しかし、充電の電源は200V。日本には持ち帰れない。やっぱりムダだったのでは!?
皆で夕食を食べた後、商店街へ散歩に出かけた。
つづく
 

上海訪問記・・・15

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2019年 1月 6日(日)23時06分19秒
  2日目の午後から一人で散歩に出た。
双親家の見た目は日本の団地のような建物で、5階建ての2階にある。
日本と違うのは、玄関の扉が金庫の扉のように厚く、1階の入り口には鉄格子でオートロックの扉がある。
目の前は片側2車線の大通りで、雰囲気は東京の墨田区に似ている。
まずは最寄りのバス停をチェック。時刻表は無いが、その路線のバス停名が全部表示してあったので、前後のバス停数を把握。
周辺を一周してみる。裏通りにジュース類しか売っていない小さな店があった。おばさん一人が店番をしていて客の気配は全くない。この店は成り立っているのか?疑問に思いながら通り過ぎた。
今思うと、上海では空港以外で自動販売機を見たことがないから、日本の自販機代わりなのかも知れない。
大通りにも小さな店がいくつも並んでいるが、どの店も客の気配がない。成り立っているのか・・・?
そんな私の疑問は、その日の夜に外出して払拭されることになる。
つづく

佐久間旅館へは30年くらい前に一度だけ仕事で行ったことがあります。仕事の内容は覚えていませんが、お茶請けで出していただいた煎餅が硬かったことだけ覚えています。最近、硬いものを食べていませんが、給食の鯨肉も硬かった記憶です。冬と言えば、子供の頃にストーブの上でスルメイカを焼いて食べたのを思い出します。
 

かりゆし珍道中・・・17

 投稿者:また幹事長鈴木です。  投稿日:2018年12月26日(水)22時49分46秒
  皆様大変長らくお待たせ致しました・・・って誰も待っちゃいねーか・・・???
これまで1ページ内に私の投稿が一つもない状況は一度もありませんでしたが、折角なのでそう言う状況を一度作ってみようと暫し静観しておりましたが、まさかちんでんの投稿で1ページ全て埋まるとは・・・
前回投稿からの数ヶ月色々な事がありましたが、それを紹介してると尺がなくなりますので、もう誰も覚えてないだろう珍道中の続きを・・・

予定より大分遅れてココガーデンリゾートオキナワに到着。
高台に建つヴィラリゾート・・・コテージ風の錬がいくつかあり、フロント錬の周りにはプールやテニスコートがあり、フロントから宿泊錬まではカートで移動・・・
コテージ風の部屋の窓からは崖下にうるま市の夜景、遠くに海、中庭にはハンモックもあり、ハイシーズンならリゾート気分がそそられるホテルかなと・・・
事前に近隣の飲食店はリサーチ済みでしたが、時間も遅いと言う事で、ホテル内のレストラン「マカンマカン」で今宵の宴・・・
地元でも評判の飲茶バイキングの店ですが、単品オーダーもOKと言う事で、数種類の料理オーダーし、オリオンビールで乾杯・・・
実はこの日は10回目の結婚記念日と言う事でスウィート10ダイヤを・・・購入する金はなく、スウィート千ダイヤ?(屑ダイヤの固まり)のネックレスをサプライズで奥に進呈・・・
んが、盛り上がったのは義母と愚息のみ・・・他の3人はあ~そうだったっけ・・・てな感じで微妙な空気・・・おいおいこの野郎と言う事でいつもより余計に飲む事になる訳ですが、〆で出てきた店お薦めの炒飯が絶品・・・今まで食した炒飯の中で三本の指が入る伊香保ビック劇場の・・・否、もとい、三本の指に入ると言っても過言ではない美味さ・・・炒飯は中華の基本、この店のシェフのポテンシャルは只物ではないと睨み、麻婆豆腐を追加(当然オリオンも・・・)この麻婆豆腐がまた絶品・・・今まで食した麻婆豆腐のなかで五本指が入る鬼怒川の・・・否、もとい、五本の指に入ると言っても過言ではない美味さ・・・では、あと四本は?と聞かれても適切なアンサーは持ち合わせておりませんが・・・
もし、うるま市を訪れる機会があったら是非行って頂ければと思う次第です。
態々炒飯を食す為だけに行ったとしても充分それに見合うお味かなと・・・
と言う事で大満足の夜を堪能し、就寝・・・翌日はいざ海中道路へ・・・はてさて・・・つづく・・・

長い歴史に幕をおろした佐久間旅館ですが、営業終了後はロケ現場として重宝されてる様で、様々な撮影が行われており、TOKIOの松岡、剛力彩芽、木村兄、柳原可奈子等多数の芸能人を目撃しておりますが、渡辺謙も来たとの噂が・・・
先日は映画の撮影でリリーフランキー始め多くのスタッフが集まっておりましたが、任侠系だったらしく本職か?と思われる強面のエキストラが約30名・・・大声で「テメエふざけんなこの野郎」等と罵声が飛び交い、通り掛かりの人は一様に何かあったのかと驚きを隠せず・・・でもパトカーが来てるから安心・・・って随分古い型のクラウンのパトカーが・・・と言う事で時折お騒がせ事案が発生したりもしていますが、ある意味注目スポットとなりつつあるのかなと・・・

てなとこで、ちんでん、続きをどうぞ・・・!!
 

上海訪問記・・・14

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2018年12月24日(月)21時34分39秒
  350ml缶を1日に1~2本の話しだが、今年、関東地方は異例の早さで6月29日に梅雨明けをし、長い夏になったので、例年よりも比較的アルコール類を多く飲んだ年でした。
我家で一番よく飲んだのは、果汁が多めに入ったチューハイで、名前に「贅沢」がつくやつ。
上海のスーパーで、この類似品がないかと探したが、上海では流行っていないようで、チューハイ自体がなかなか見つからなかった。
狭い空間に、やっとチューハイコーナーを発見!
まず目に入ったのが、名前に「氷」がつくやつ。
ん~無い・・・。
ストロングのダブルシリーズに似たものを見つけ、ラオポォは「これでいいか」と、代用品として、試飲用に1本をかごに入れる。1本9元(約150円)
次につまみのコーナーへ。
行きの飛行機で購入した「黄飛紅麻辣花生」を発見!ラオポォは迷わずかごに入れる。機内では10元だったが、このスーパーでは7元5角だった。他のつまみもいくつかかごに入れ、
次に滞在中に使う石鹸(4元8角)を選ぶ。私は石鹸の容器も欲しかったので、雑貨の特売コーナーへ行って探したら、1元で売られているのを見つけた。
日本の100円ショップで売られているプラスチック製品類や雑貨類が1元からいろいろあったので、しばらく見入ってしまった。
ラオポォは会計を済ませ、荷物を持って電動バイクで、私は歩きで双親家に戻った。
つづく
 

上海訪問記・・・13

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2018年12月17日(月)22時59分14秒
   半ズボンとTシャツの特売コーナーは品数豊富で選ぶのが楽しかった。
半ズボンは試着しながら3着を選び、Tシャツもサイズと生地と柄で3着に絞った。
会計はラオポォ任せ。購入した
一番安いTシャツは19.9元(約333円)
一番高い半ズボンでも59元(約988円)の範囲内だった。
包装も日本とは違い、透明のビニール袋に服を入れ、ホッチキス止めをしていた。
 次に食料品売り場へ行く。
ビール売り場には、一番目立つ所に1本1元(約17円)の缶ビールが積まれていた。330mlとはいえ、安過ぎないか?ラオポォに尋ねるも、聞いたことのない会社だと言うのでパス。
何といっても私のお気に入りは「三得利ビール」だ!当て字と言うか、名前がいい。サントリーよ、よく進出してくれた!
前回来た時は、富士山の絵入りで水色の柄「清爽」ビール缶を選んで飲んだ。今回はその「清爽」の隣に金色柄の「超純」ビール缶が並んでいた。
「これ、どう違うの?」とラオポォに尋ねると、「爽やかさ?!」だと言う。爽やかさはどうでもいいので、今回は安い方の、「超純」を選んだ。
330ml缶6本入りで11.5元(約193円)
次にラオポォが飲みたいチューハイを探して歩く。
つづく
 

上海訪問記・・・12

 投稿者:ちんでん(2組)  投稿日:2018年12月 7日(金)23時02分35秒
編集済
   2日目の朝を迎えた。夜は快適だった。7年前は双親家に扇風機しか無かったが、今回はエアコン完備で熟睡が出来た。
 起きて間もなく朝食となり、フーチンが私のコップに瓶の青島ビールを注ぐ。朝食で瓶ビールなんて、20年以上前の社員旅行以来か!ちょっと旅行気分~。ありがたく少しだけいただく。
 外に出ると、ラオポォの媽媽(マーマー)が私に電動バイクを見せてくれた。操作は日本のスクーターとほぼ同じだ。私はスクーターに乗るのは30年ぶりくらいだが、10メートルほど試乗してみた。カーブでふらついたが、すぐに勘が戻った。音が静かでいい。欲しくなってしまう。
近場の大型スーパーに向け、ラオポォが運転して2人乗りで出発。ところが、後輪の空気圧が甘くてパンクしそうなので、私は歩いて行くことに。
10分程で大型スーパーに到着。まずは、服売り場へ行く。
つづく

お知らせ・・・12月11日(火)の東京新聞朝刊「発言」欄に私の投稿が載る予定です。身近に東京新聞がある方は是非チェックしてみてください。今回は「あおり運転」について私の意見を書きました。
 
 

レンタル掲示板
/51