teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


エネルギーをもらう2

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 6月26日(日)20時48分25秒
  〉ののさん
自分だけの楽しみは絶対必要ですね。
夫婦いっしょの楽しみも大切だけど、ひとりでも遊べる?楽しみをみつけられる 大人な女性でいたいと思っています。
うちは息子二人だからよけいにそう思うのかもしれません。

きょうは息子のチームが主催者側のイベント 堺かえる祭りでした。
普段だったら外出避けたいような蒸し暑さでもよさこいとなると元気が出ます。
暑い中でもキビキビとした演舞 よかったです。
親ばか 承知で動画紹介しますね・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=xQw-sunhNB0&feature=related

5月のイベント 大阪府庁前で踊ったものです。
映画プリンセストヨトミでも同じ場所が使われていました。
 
 

気晴らし

 投稿者:のの  投稿日:2011年 6月14日(火)23時56分3秒
編集済
  怒りは収まらず、考えると、さらに怒りが増すので、気をそらせる様にして生活しています。
自分だけではないのかと思えたので、ありがとう。

気晴らしにお江戸めぐりをしてきました。吉良邸跡から泉岳寺へ行って、お参りし、江戸東京博物館へ。
去年、皇居へ薩長同盟の裏書(坂本龍馬が書いたもの)を見に行って以来、お江戸に興味があるんです。
一緒に行った友達は歴女で、討ち入りの日の12月14日に実際に吉良邸から泉岳寺まで歩いたという人で、楽しかったです。
そして今日、DVDで赤穂浪士を見たんです。
今年は誰が大石内蔵助を演じるのか、待ち遠しいです。
今度は、お江戸にどっぷり浸れるという深川資料館へ行く予定なんです。
楽しみを増やそう!
 

妻であり、母であり、娘であり

 投稿者:ゆりあ  投稿日:2011年 6月13日(月)12時32分57秒
  子どもが成長して、子育てがひと段落すると、
子どもを育てることにほとんどの時間と力を注いで、
夫ともそのことに協力して役割分担していたころと
違ってくるんだなぁ~って思います。

ののさんも我慢してたことがあったんだね。
あふれてしまったんだね。

私も、我慢しきれなくなった気持ちを吐き出して、だけど、その後
また思い出して、同じこと何度も言いたくなった。
もう一回言ったことだから、答えは分かってるから、
また、我慢してしまう。

上手に自分の気持ちをためずにいられる人ってうらやまし~~って
思うよ。そういう友だちとは、こっちも気楽にいいたいこと言えて、
その人といると楽~~にいられる。家族とこそ、そうでありたいよ。

気持ちには持ってはいけない気持ちってないんだよね。
怒りのきもちも、嬉しいきもちも、みんな同じ気持ち・・・
上手に表現できたらいいのに、ず~っと我慢することがいいって
思ってきてたのかなぁ~~。なかなかうまくなれない。

男らしく、女らしく、結婚したら嫁としてとか、こうあるべきって、
刷り込まれて育てられたとこあって、やっぱり、それは、母から
であったりするわけ。
私はそんなこと刷り込んで娘たち育ててないのに、友だちや環境から
刷り込まれてるものね。
結婚する時、何の迷いもなく夫の苗字になることに決めてたし、
私が仕事やめることも決めてた。

今はそんな時代じゃないけど、女性のほうが男性に期待してるとこ
あるみたいに感じる。男性も大変だよね。自殺率が増える・・・。
~~なんか、話が飛んでってる~~

いまだに、夫が自分の実家に行くときに、実家に帰るっていう言葉に
違和感を覚えています。私は実家に行くなのに・・・
こだわってるなぁ~~。
夫の帰る家は私たちのいる家なのにな~~。

「まぁいいか!」っていろんなこと思えたらいいな。
今度、講師で来てもらう人の著書にあった言葉・・・
「だってしょうがないじゃん!」
「どっちでもいいじゃない!」
「もうすんだこと!」
そんなふうに思えたら楽だろうなぁ~


 

三婆旅行

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 6月10日(金)23時03分22秒
  >ゆりあさん
ブログ訪問 ありがとう!
ブログは、ぼちぼちで楽しんでやっています。
私たちはすべて、ボランティアで好き勝手にやっていますが、行政の事業としての子育て支援だったら、それなりに結果とか数字とかを出さないといけないので、たいへんですよね。
予算がつくのは羨ましいけどね・・。
公民館閉鎖で市側とずっと話を詰めて、新しくできる保育所の子育て支援用のお部屋利用してのほっとスペース継続 が7割がた決まっていたのですが、結局ボツになりました。その保育所園長からNGが出た!  らしい。
10年を超える実績あるけど、ボランティアなので、後ろ盾がなく組織に属してないので『なにもの?』となったようです。
ボランティアの限界 感じたけど、 夫の転勤や義父のこともあったので、まぁいいか で今に至るです。

>ののさん
その後 だいじょうぶ ですか?
自分自身もそうですが、両親をみても、実家と嫁いだ先(この表現自体が古い!)のいろんな違いとか溝は 埋まらない。
どこかで折り合いつけたり、あきらめ?たり・・・。です。

さて、月曜日 実家の母 三姉妹が九州からはるばるツアーで関西方面へやってきました。
2日目は京都で半日自由行動ということで、私が案内役をしてきました。
母が長女で、74・72・70の三婆旅行です。
ここ数年やっとそれぞれに余裕ができ、時々地元のバスツアーに参加していたのですが、初めての遠征。
母やおば というより、すっかり三姉妹に戻っていて、なんかはしゃいでいてこちらも嬉しい気持ちになり、楽しいひとときでした。
しんどかったらタクシー移動!と言ってましたが、結局 バスや地下鉄で移動してしっかり歩いてくれました。
 

とうとう

 投稿者:のの  投稿日:2011年 6月 7日(火)13時58分20秒
  ゆりあさんの一つ前の書き込みの前の日あたりに、私とうとう爆発したんです。
ゆりあさん、TYX-3さんのあまりにタイムリーな書き込みに、なまなましくて、書き込めなかったんです。
結婚して以来、知らないふりと、我慢でやり過ごしてきたんだけど、(私は、色々なことをそうやってやり過ごすこと多いんです)一度も言い返したことないんです。
いい嫁でいたかったんではないんです。多分、結婚当時、気に入らないのは、うちのほうだったから。
ただ、主人の気持ちをたてて、主人の実家にみじめな思いをさせないように、そうしてたんです。
でも、そうすると、私や家の実家の努力や思いが、全く存在しなかったことになっていて、それだけじゃなく、見当違いな非難にとって変わることもあって、我慢ならなくなったんです。そんなものまで引き受けられないです。
いったいどこまで、我慢すればいいのか。
事実を曲げずに伝えて、恩をきせず、求めず、その後のことは、相手に任せようと思って、
義母にはっきり言いました。まだまだ言い足りないんですよ。
まさかそこまで、そんな思いで、といろんなことを思ったと思います。
ずっと溜めてたことをぶちまけたので、今ほんの少しでも、おかしな言い方をされたら、堰を切ったように、全てを言ってしまいそうです。
きっと、私も、年をとって神経太くなったのと、自分が今抱えているもので、ぎりぎりで、余裕がないこともあるんです。
少し時間がたったので、落ち着いてきました。
でも、不思議、本当にタイムリーだったんですよ。
 

ブログ見たよ

 投稿者:ゆりあ  投稿日:2011年 6月 5日(日)09時41分37秒
  なんか、癒されるサイトだね。
とくに、何がこうだよああだよとかないのがいい!
ホッとするってこういうのだね。
緊張せずに参加できそうなのがいいね!

私も川崎に来て、仕事で子育てひろば担当してるけど、
子育て支援啓発事業なんで、参加者は
ただ、ほっとしていられるでいいのかもしれないけど、
主催者はそうじゃないところがあって、
自分の気持ちとあわないんだよね。

ののさんもお母さんのことでいろいろあったんだね。
親子はいくつになっても親子なんだけど、
関係性は変わっていくな~って思います。

私も自分の子どもとの関係、成長とともに変わってるけど、
根本的なとこは何か変わってないことがあって、
やっぱり、1番目の子は親の頼みを断れないで我慢しちゃってる
気がしてしまいます。何がいいんだか・・・

 

エネルギーをもらう

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 5月31日(火)22時01分31秒
  ののさん ありがとうございます。
ののさんの書き込み見落としていて反応なしで失礼しました。

義理の仲と実親との違いは、 実親のほうが精神的にはよりしんどいかと思います。
いろんな負の感情も全て引き受けないといけないですからね・・。
毎月帰られているとのこと、荷物の整理も思い出がある分 なかなか難しいのでは・・とお察しします。
義母の遺品の片付けは未だに続いています。
断捨離 が流行ってますが、うちは息子2人なので、だんだんモノの数を減らす生き方をしないと!と思います。
思いますが、まだ物欲に支配されてます・・・。


年寄りと接すると、エネルギーを吸い取られるんだよね!と言っていた介護経験者の友人の言葉   今は実感としてよくわかります。

わたしは、替わりにエネルギーをもらえる場があります。
ひとつは、息子のよさこい

もうひとつは、10年以上やっている 子育て支援のボランティア
そこに来る乳幼児の笑顔に癒されます。
この4月 公民館閉鎖に伴い、引越しました。
閉鎖がわかってから、、なんとか同じ規模で出来る場所確保と市に働きかけてきました。
結局 別の公民館で規模を縮小して、なんとか継続しています。
公民館引越しを機にブログを始めました。
http://blog.livedoor.jp/hothotyukiko/
 

いい嫁プレッシャー

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 5月25日(水)22時30分1秒
編集済
  ゆりあさん ありがとう!
体は大丈夫ですよ。ただ、いろんな事に気力が続かないのは、歳のせい・・・?
しんどい時は無理しないで、ぼちぼちやってます。

確かに、いい嫁プレッシャーは若い時ほどありました。
長男の嫁だし、夫の両親からすると、私やうちの親戚は、お眼鏡にかなっていなかったし・・・。
だからよけいにいい嫁で、見返してやろう!としてたのかな。

でも歳とともにずうずうしくなったし、とりつくろうのもめんどくさくなったし、何より家族4人仲良く暮らしていけたらそれでいいや!と思えるようになりました。

とはいえ、プレッシャーから完全解放とはなりませんねぇ。
 

お疲れ様でした

 投稿者:のの  投稿日:2011年 5月25日(水)22時15分49秒
  TYX-3さん、大変でしたね。
私も半年前に経験したので、手に取るようにわかります。

ご主人を、強い気持ちを持って説得したこと、えらかったと思います。
ホームで様子を見ようと、義父様をやんわり導いていることも。

私は自分の母で、自分がやるしかなかったので、初めから自分のやるべきことと思っていたから、他人との摩擦はなかったけれど、自分が与えられる一番いい場所をと思ったので、施設選びも15箇所にもなって、自分で自分を追い詰めている感じでした。

なんとか探して、入所させたものの、騙されてきただの、帰りたいとうったえられると、ほんとに情けなく、ぐったり無力感で落ち込みました。
帰宅願望なるものがあるんだそうです。
でも、施設の人は慣れたもので、上手に対応して、その気持ちを否定することなく、先延ばししてくれてました。
いろんな人に世話になるものですね。
入所して、もうすぐ半年。帰りたいと言うことはあるけれど、前のように、厳しい顔で訴えることはなくなりました。

残った家の始末、大切なものとそうでないものの区別、本人じゃないと判らないです。
いまでも、月一回は帰っているんですよ。
元気なうちに、自分自身で荷物を整理して、次のステージへ来なくちゃいけないんだなと、思いますね。

子供が大きくなっていてよかった、自分がこなすだけの体力があるうちでよかったと思いました。

TYX-3さんも、お体気をつけて。
 

お疲れさま

 投稿者:ゆりあ  投稿日:2011年 5月22日(日)22時34分13秒
  T‐YX3さん
ひとりで、こなされたたくさんのこと・・・お疲れさまでした。
夫の親や、親戚のことで何かあるとき、夫との関係の良しあしってとっても影響されるんだよな~私・・・。結婚したばかりのころや、子どもが小さい頃はそんなに考えなかったけど、結婚して20年以上たつと、考え方も変わってきたのか、ずうずうしくなったのか、自分の親は自分の親で、夫の親は夫の親なんだよ。私にとって・・・。
いい嫁(今は嫁とは思ってないけど・・・)でいないと、いい妻でいないとと思っていた若かりし頃・・・
今は、ちょっと違うかもしれない。

T-YX3さん、いつも黙々と行動されてる印象でしたが、
我慢してたりすることはなかったですか。
体大事にしてくださいね。自分の体にしわ寄せがこないように・・・。
たくさんのこと成し遂げたんだね。
きっと、夫さんも、感謝してるね。

今度は会いましょうね。

 

レンタル掲示板
/14