teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


気付けば命日

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 5月22日(日)21時34分27秒
編集済
  4月5日主人の単身赴任を慌しく送り出しほっとしていたら、夜中の電話!
義父の加入してる緊急通報システムから。
本人より通報があり、これから救急車を手配しますと。
その後搬送先の病院から連絡。大量の下血、十二指腸潰瘍と思われる。高齢で、もともと心臓し疾患があるので、予断を許さない状況とのこと。
眠れないまま朝一で新幹線に飛び乗り、病院へ・・・。
義父は意外とケロリとして、ICUなのにしゃべってました。

ケアマネさん、お医者さんともに、退院後独り暮らしは無理でしょうとのアドバイス。
入院予定は2週間 そのあいだにベッドの上の生活では足が衰えるだろうから、退院後リハビリのためということでショートステイをお願いしました。

そうして、私は新学期の図書室オリエンテーションがあったので、一旦大阪へ。
病院に戻ると、回復が早く、もう明日にでも退院できます!
回復は嬉しいものの、ショートステイの都合があり、私ももう一度大阪で抜けられない仕事があり、無理を言って、予定通り2週間の入院としてもらいました。

ショートステイ(2週間)に入ったところで、主人を説得。
義父の認知症状を認めたくない主人はヘルパーさんの回数を増やせばなんとかなると主張。 わたしは、ここは譲らずに、義父の状態では独り暮らしはリスクが大きい! ヘルパーさんには限界があると話しました。
説得しつつ、2週間しかなかったので、ホーム探しもひとりでしました。
当然のことながら、特養は重度優先で無理。老健施設も問い合わせたものの、すぐには無理。ということで、有料老人ホーム!
予定外だったのが、それまで頼りにしていたケアマネさんは、有料老人ホームとなるととたんに、手を引いてしまった感じ・・・。(情報はいくつかくれましたが)
たぶん、有料ホームはピンキリで高額な入居金が必要な所もあるからかな・・・。
土地勘もないのに、問い合わせ、アポをとり、6箇所ほど見学しました。
私からすると主人は仕事忙しいのを言い訳に逃げた感があり、夫婦の関係もぎくしゃくしました。
6つの中からいいと思った3つを主人に見てもらうことにして、最終決定は主人に任せました。見てもらう手はずを整えたら、私は入所に必要な書類準備と、入所のための買い物。

前日の荷物の運びいれには義弟にも来てもらいました。

そして、ショートステイの2週間の間にホーム選択、入所準備、契約、引越し完了というウルトラCをやってのけました!
一旦 家に戻ると、もう施設には行かないと言い出すのではということで、ショートステイ先から直接入所となりました。
その日5月2日は義母の命日でした。

本人は自分の家での生活を望んでいるので、とりあえず退院後体力落ちてるしホームに入って様子見ましょうと言ってあります。

入所2日目職員の何気ない一言にキレて今すぐ家に帰るからタクシーを呼べ!と混乱して大騒ぎしたそうです。

20日には病院付き添いで入所以来で会ってきました。なんとかホームでの生活に馴染んではきているようです。
秋になったら自宅に帰ると思っているようなので、これをまた少しずつ説得して更新していかないといけません。

去年の秋以降のぼんやり度やひとを拒む様子が、入院以降は少し持ち直してきた感じがあり、それは、人と関わって、介護のプロに声をかけてもらっているからだ!ということがわかり、それでやっと主人もホームに入ったことを納得し、ぎくしゃくもなくなってきました。

『いったいだれの親やねん??』 いちばんしんどかったホーム探しの頃 誰もいない主人の実家で主人や義弟に声には出さずに、何度もつっこんでました。

 
 

絵本を送る

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 3月21日(月)10時53分28秒
編集済
  児童文学者 杉山亮さんからのメッセージをコピペします。
現地はまだ当面の衣食住だけで精一杯の状態だと思いますが、少し落ち着いたらきっと有効な支援になると思います。
2011/3/18 絵本を送ってください
3月11日に起きた地震についてはみんな、心を痛め、また、自分になにができるんだろうと考えているかと思いますが名古屋でおもちゃばこフォーラムを主催している石丸良枝さんが中心となって被災地に絵本・児童書を送ろうという
動きが起きてきました。

で、ぼくも相談をもちかけられて最初は現地は今てんやわんんやだろうし、大人と子どもでは必要なものが違うと思いつつも、でも、今は食料や暖房具やガソリンが優先だといえばそれはそうだろうし、いきなり絵本だけ送りつけられても向こうもこまるだろうし、第一届け方がわからないし、もう少し様子を見て…なんて考えていたら石丸さんが、ジョイセフという団体に連絡をとってじょうずに話をまとめてくれました。
すばらしい行動力です。

「ジョイセフ」で検索してホームページを見てもらえればと思いますが途上国の妊産婦と女性を守るをキャッチフレーズにしたNGOです。
ふだんはアフリカやアフガンなどでさまざまな活動をしていますが今回の地震では自国での支援活動にすでにのりだしています。

具体的には粉ミルクや紙おむつを送っています。また、男のぼくにはピンとこなくて申し訳ないのですが生理用品や下着もほしいといいだすのに勇気がいる人もいるそうで送るんだそうです。

で、ここでそういうものといっしょに絵本や児童書も渡せるようにすれば、ピンポイントで子どもがいるところに確実に届くということです。

それはいい。
大人ばかりのところに届けられても誰も喜ばずに、逆にじゃまなだけかもしれないけれどこのルートならば…
絵本や児童書があればとりあえず、子どもたちがいい時間を過ごすことができるし、心を遠くに遊ばすことができます。
また、その間、大人たちは復興に向けて、ほかのことができます。

で、その石丸さんの提案にぼくものります。

みなさん、自宅にある絵本・児童書で、もう、読まないなという中でおもしろいのをぜひ、送ってください。
(でも、つまらなかったもの、あまりにポロポロのものはやめてください。被災地はゴミ捨て場ではないのですから)
そのあたりはそれぞれの常識でお願いします。
新品を買う必要はありません。
それなら、義援金にした方がいいですから。

で、うちを倉庫にしてある程度、段ボール箱でまとまったところでジョイセフ経由で現地へということになります。
もしかしたら、向こうまで直接誰かに車で持って行ってもらうことになるかもしれませんがその時にはまた、車を提供してくれる人や運転してくれるボランティアを募集します。

向こうでは助産婦さん経由で手渡ししますが助産婦さんだけで手がまわらなければもう少しおちついてきたら現地で読み語りやってる人や司書さんや文庫をやっている人やしかるべき人にコンタクトして配布を手伝ってもらえるようになるといいなと思います。
向こうでも、子どもたちに絵本や児童書を渡したいけれど現物がないと残念な思いをしている大人は大勢いるでしょうから。
それに助産婦さんも忙しすぎるようですし。

で、とりあえずは小淵沢の家に絵本・児童書を集めなければなりません。
みなさん、どうぞ、送ってください。近くの方は電話かメール(このホームページのおたより欄)で連絡をくれた上で直接持ち込んでくれてもかまいません。
もちろん、送料も本代も一切だせません。
お互い、身銭を切りあうということでお願いします。

住所
408-0044
山梨県北杜市小淵沢10060-464
杉山亮
電話0551-36-5566

なお、このページはコピーしてどんどん
心当たりのあるところ、あちこちに送ってください。
ぼく自身はネットやっていながらその方法を知らないんです。とほほ。
どうぞ、よろしくお願いします。

集める期限はこの文がホームページのトップに載っている間は有効と、お考えください。(名古屋は大丈夫です)

2011/3/18

http://www.h6.dion.ne.jp/~sugiyama/diary.html


先ほど 再アップされた情報で、石丸さんの住所等は個人のもので直接は送らないでということです。(編集時 削除しました)

もし送るのであれば下記で情報を確認して下さい。
http://kodomiru.exblog.jp/









 

物流の現場から

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 3月19日(土)19時36分34秒
  17日18日一泊で川崎の義父のところに行ってきました。
木曜日午後の新幹線に毎回乗りますが、こんなにガラガラだったのは初めてでした。計画停電の切れ目に到着して、駅からの道すがら いくつかの交差点で 警官の誘導から、信号が着くまでを見ました。
金曜日の病院は平常どおりの診察でしたが、薬は、長ければ心臓は6週間・泌尿器科は10週分位はもらえるのに、4週分が上限でした。

夫の引っ越し準備などのため今回は一泊
金曜日午後の新横浜駅についてびっくり!
ある程度想像はしていたけど、切符を求める長い長い列!
連休もあり、関東を離れようとする家族連れが多かったように見えました。

長男はお台場の物流拠点が職場です。どんな職種もそうなのでしょうが、地震以来 たいへんな忙しさ。
地震の後処理に合わせて食品・ガソリンの買占めが間接的に忙しさに拍車をかけているとのこと。

東北の酒造会社がやられたことを見越して、東京の倉庫にあるその東北の日本酒を買い占めようとする輩もいて、それが商売 儲けてなんぼ なのかもしれないが、やりきれないと言ってました。

店頭に品薄でパニックになるかもしれないが、倉庫にはたくさんあるから!買占めはしないで! と長男の切実な訴えでした。
 

計画停電

 投稿者:YOH  投稿日:2011年 3月17日(木)08時50分29秒
  おはようございます
計画停電の実施状態が郵便番号や住所ですぐわかる便利なサイトがありました!
東京電力・東北電力をご利用の方へ教えてあげてください。

http://keikakuteiden.com/

 

日本人として

 投稿者:YOH  投稿日:2011年 3月16日(水)00時47分24秒
編集済
  静岡でも大きな地震が起こりましたね。
被害が少なければ良いのですが…

あの混乱していた、地震直後の通信回線が機能しなかった時、いち早い情報を収集できたのが、グーグルのリアルタイム検索でした。
私はツイッターをやっていないけれど、リアルタイム検索すると、キーワードにヒットしたつぶやきが見られます。
仙台の親戚の情報が掴めない中、一番先に知った情報は、老人ホームの叔母の事。
キーワードに老人ホームの名前を入れてみたら、「入居者・職員全員無事」とツイートされてました。
ここ数日は特に頻繁に活用中です。

そんな中、こんなページが↓「日本人が世界の人々にどう映ったか」


http://labaq.com/archives/51636331.html


ゆりあさんの動画と少しかぶりますが…
阪神・淡路大震災の時も被災地の方々の節度ある落ち着きに海外の人たちが感銘を受けたと聞きましたが、日本人てこうだよねって思います。
日本人の誇りを持って、慈しむ心を失わずに、自分に出来る事からしていきましょうね。
原発事故の現場では、自らの命をかえりみず、必死で作業を続けている職員がいると聞きました。
作業員の方々の無事を祈ります。
 

地震と自分と

 投稿者:ゆりあ  投稿日:2011年 3月15日(火)22時31分7秒
  みなさまご無事なご様子で何よりです。
ですが、テレビの映像を見ていると、同じ日本で起きていることと、
わかっているのに、実感できなくて、心が感じるのを拒否しています。

怖い気持ちや、不安な気持ちになることを
感じなくしようとしている自分がいます。

昨年の春から働いている仕事の中での理不尽なこと、
自分の気持ちと裏腹なこと、お金もらって働くってことは
こういうことなんだって実感しつつも、納得のいかないこと。
社会って厳しいと感じながらも自分らしくいたい。
その間に挟まれて、今回の地震のように揺れています。

そんな中、さっき見た動画に素直に感動で来て
すんなり気持ちに入っていったので、貼りつけておきます。

生きてるだけですごいんだよね。

http://www.youtube.com/watch?v=PLYHC2mMZ7E
 

これから停電

 投稿者:のの  投稿日:2011年 3月14日(月)17時09分54秒
  仙台の親戚の無事よかったですね。
こちらは、これから、停電なんだそうです。
夕飯はすでにつくってあるし、あとは、ろうそくで、過ごして、娘は、懐中電灯で勉強が出来るのか、、?
 

無事でした

 投稿者:YOH  投稿日:2011年 3月14日(月)08時04分41秒
  仙台の親戚はほぼ無事なようです。
公衆電話が一番つながるとの事で、帰宅できた親戚と連絡がつきました。
家屋の破損状況はわかりませんが、御墓は無事との報告が…

TVの画像、新聞の写真…あまりの酷さに直視出来ません。
生き残った方、報道を見て疑似体験をしてしまう人、心のケアが重要になってきますね。

計画停電にも振り回されないように、覚悟を決めて。
安全な状態で事前に準備出来るサバイバルです。
あわてず、騒がず、太陽とともに生活し、日のあるうちは読書を楽しみ、日が暮れたなら家族と会話、携帯ラジオ、ウォークマンやipodで音楽を聴くなど、電気がなくても充分生活できるはずです。

停電に伴い水道も使えない家もあるようです。
汲み置きお忘れなく。
 

地震お見舞い

 投稿者:T-Y×3  投稿日:2011年 3月12日(土)12時09分36秒
  ネットで繋がっているから、いざ連絡とれないととても心配ですね。
お台場が職場の長男はそのまま会社で眠れない一夜をすごしたそうです。

川崎の義父となかなか電話が通じず、やきもきしましたが、やっと夜連絡とれました。

余震が続いていますので、お互い気をつけましょう。
 

地震

 投稿者:のの  投稿日:2011年 3月12日(土)10時38分42秒
  ほんと、怖かったね。
いつもの地震とたかをくくっていたら、、、。
まだ、余震続いているけど、家は、電気は大丈夫だったけど、断水がまだ続いています。
主人がトイレの水を、会社から持ってきたけど、米はあるけど、水がないのでご飯がたけないんだね。
呑気で、緊急セットを買ったこともあるんだけど、結局使わず、新たに買うこともなく、いざというときを考えることもなく、、、。
反省です。
月曜日からの新潟行きもキャンセルかな。
皆様も、くれぐれも、気をつけてね。
 

レンタル掲示板
/14