teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


小諸御殿

 投稿者:山女  投稿日:2018年10月19日(金)16時34分33秒
返信・引用
  久しぶりの小諸御殿!!参加したいと思います。
今年はまだ紅葉を見ていないのでとても楽しみです。
宜しくお願いします。
 
 

小諸御殿

 投稿者:遊山  投稿日:2018年10月19日(金)11時30分50秒
返信・引用 編集済
  10/27~28に小諸御殿にお邪魔することになりました。
参加できる方は、この掲示板にその旨お書きください。
参加人数により、遊山車(軽)も出しますので、何名でもどうぞ。
(山歩きpassもokです)
・行人岩のグーグルマップと展望写真(web上から借用)を載せます。
 

たまには小諸でも

 投稿者:22歳  投稿日:2018年10月19日(金)09時59分52秒
返信・引用
  27日~28日 小諸を計画しています。遊山さん参加。
初日は254街道から登り30分の行人岩で紅葉を楽しみましょう。
短いものの岩場があります。
 

水沢山(周回)

 投稿者:遊山  投稿日:2018年10月16日(火)15時43分19秒
返信・引用 編集済
  山頂の往復だけでは面白くない・・・という訳で、周回できそうなコースを考えてみました。
下山に考えた尾根コースは、藪漕ぎ覚悟でしたが、いざ出かけてみると、トレランコースと
して整備されており、藪ゼロ。現地標識によると、ナント一昨日(10/14)の日曜日にトレランが
行われたようでした。道理できれいだったわけだ。
花の写真は、今日(10/16)見られたものの一部です。
 

三浦半島

 投稿者:遊山  投稿日:2018年10月13日(土)21時03分25秒
返信・引用 編集済
  絶滅が危惧されているソナレマツムシソウが三浦半島の「黒崎の鼻」に咲くという。
山に出かけるには天気がイマイチなので、半日行程の「花探索」に行ってきました。
現地に着くと、同じように花探しをしている人がいる。
近隣の中学校教師で、近々生徒の海浜植物の実地学習に来るそうで、今日は下見とのこと。
先生の話では、昨年までここで見られたソナレマツムシソウが今日はなぜか全く見られない由。
二人で手分けして周辺を探したが、結果は残念に終わった。
盗掘されたような跡もなく、もしかしたら先日の台風の影響かも?
下の写真は、今日見られた他の花の一部です。
 

山座同定

 投稿者:遊山  投稿日:2018年10月 8日(月)15時27分38秒
返信・引用
  22歳さんのHPの禿岳と白鷹山登山時の写真に山名を入れてみました。
 

シモツケコウホネ

 投稿者:遊山  投稿日:2018年 9月23日(日)21時26分31秒
返信・引用 編集済
  世界中で現在、栃木県でしか発見されていない「新種」です。
環境省の絶滅危惧ⅠA類に指定された極めて貴重な植物です。
また、このシモツケコウホネと、日本全国に分布するコウホネ(河骨or川骨)が
自然交雑をしたものがナガレコウホネです。
 

思川源流

 投稿者:遊山  投稿日:2018年 9月23日(日)17時29分21秒
返信・引用 編集済
  まだ一度も寄ったことはありませんが、国道50号に道の駅「思川」があります。
道の駅の近くには、思川が流れています。
調べてみますと、思川の源流は足尾山地の地蔵岳(1274m)で、渡良瀬遊水地に流れ込んでいます。
源流のあるこの地蔵岳は未踏でしたので、すぐ近くの勝雲山とあわせて訪山してまいりました。
下山後は渡良瀬遊水地にも立ち寄りました。(9/23)

jr

 

旧新ハイ浦和支部入会日

 投稿者:遊山  投稿日:2018年 9月18日(火)14時00分11秒
返信・引用 編集済
  手元にある古い資料に、入会日に関するものがありましたので何人か分を載せてみます。
★山女さん--1994/07/01(遊山)
★秋桜さん--1998/04/01(内田さん)
★森姫さん--1999/02/16
★塩崎さん--2001/04/01
★川俣さん--2001/05/15
★漫画さん--2001/07/17
★昴さん----2003/05/20
★益田さん--2004/04/01(山崎さん)
★倉重さん--2007/01/16(順子さん)
★逆旧さん--2007/04/01(松崎さん)
★床次さん--2007/10/01
★暇有さん--2008/01/01
★浅田さん--2008/04/13


 

北本自然観察公園

 投稿者:遊山  投稿日:2018年 9月18日(火)10時49分9秒
返信・引用 編集済
  浦和から前橋への移動途中、北本自然観察公園に立ち寄りました。
第一の目的は準絶滅危惧「ミズアオイ」の写真を撮ること。
ところが、当の花は僅かで、同じ準絶滅危惧の「タコノアシ」が多く目立ちました。
第二の目的の、新種「ワタラセツリフネソウ」も多くの花をつけておりました。
この花は、長い間、ただのツリフネソウと見做されていましたが、よく観察すると
ツリフネソウとは花のつくりが異なり、2009年に正式に「新種」に認められたそうです。
渡良瀬遊水地で見られるものは全てこの「ワタラセツリフネソウ」で、
4つの花パターンがあるそうです。関東の数県で発見されており、各県のレッドリストに
載せられているようです。

 

レンタル掲示板
/174