teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


節分草の話

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月19日(火)14時17分17秒
返信・引用 編集済
  セツブンソウの、花弁に見える白い部分は萼片で、ふつうは5個。真の花弁は5~10個あり
先端は2裂して黄色から橙黄色の蜜腺になっています。
雄蕊は多数で淡紫色。雌蕊は2~5個あります。
花弁状の萼片が6個以上ある個体もしばしば観察されます。
環境省の準絶滅危惧(NT)に指定されています。
※外来種のキバナセツブンソウ、ヨウシュセツブンソウも園芸種として栽培されています。
 
 

福寿草の話

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月18日(月)13時48分59秒
返信・引用 編集済
  日本に自生するフクジュソウは、かつて1種類と考えられていましたが、日本中の自生地を回って
調べた西川恒彦という方が、日本に自生するフクジュソウは4種類と発表され、現在は多くの
植物分類の専門家がその説を支持されているそうです。
①キタミフクジュソウ ②ミチノクフクジュソウ(NT) ③シコクフクジュソウ(VU) ④フクジュソウ
の4種で、キタミフクジュソウ(北見福寿草)は北海道の北部と東部だけに分布し、海岸草原や川の土手など
限られた場所だけに生え、雑木林の下などの樹林下に生えるものはほとんどがフクジュソウの由です。
北海道にはフクジュソウとキタミフクジュソウの2種類が生えていますが、量的にはフクジュソウの方が
多いそうです。
シコクフクジュソウ(四国福寿草)は四国の高知県と徳島県だけに自生していて、四国の山の
ものはシコクフクジュソウただ1種類だけとのことです。
問題はフクジュソウとミチノクフクジュソウの区別で、ミチノクフクジュソウ(陸奥福寿草)は
みちのくという名前が付けられておりますが、青森県から九州までと分布は広く、同様にフクジュソウは
北海道から本州全域と、やはり分布が広い由。
幸いなことに、この両種はポイントさえ確実に見る癖をつければ、じつに簡単に見分けが可能です。
区別点のポイントは萼片と花弁の長さの違いです。--下の写真を参照
またミチノクフクジュソウは咲くのが遅く、開花はソメイヨシノが咲くのとほぼ同じ頃だそうです。

※福寿草は江戸時代から多数の園芸品種があり、中でも一番の代表格がフクジュカイ(福寿海)で、
ミチノクフクジュソウとフクジュソウの雑種。花つきがよく、育てやすいので、植物園等に
植えられているフクジュソウの多くがこの品種だとのことです。


 

懐かしい ありがとう!

 投稿者:山女  投稿日:2019年 2月17日(日)07時35分55秒
返信・引用
  紅葉 花々そして残雪&四国の旅と山遊びが出来たことに感謝!!
3月からはいろんなことで忙しくなりそうなのでホットしたいときに
見させてもらいます。
 

山の思い出(20)-2

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月14日(木)16時12分51秒
返信・引用 編集済
  四国の山旅の続きです。
逆旧さんに案内していただいた赤星山、東赤石山と歩いてからは
遍路宿に泊まり、少し札所めぐりをし、香川県の観光もしました。
帰路に思いがけず、六甲山にも連れていっていただき、充実の旅でした。
本シリーズは今回で一応区切りといたします。
 

山の思い出(20)-1

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月14日(木)16時02分49秒
返信・引用
  2015年の5月は四国の山旅でした。
最初に剣山に登り、続けて伊予富士、瓶ヶ森を歩きました。
 

山の思い出(19)

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月13日(水)15時15分22秒
返信・引用
  2009年5月の黄金週間、マイナー12名山の一つである羽後朝日岳を目指しました。
高下岳山頂にテントを設営し、中日に羽後朝日岳をピストンしました。
帰路に那須御殿にお邪魔をし、逆旧ご夫妻に多大なお世話になりました。
 

山の思い出(18)

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月13日(水)09時07分21秒
返信・引用
  2008年のゴールデンウイーク、高谷池ヒュッテに2泊して
残雪期の焼山に登るという少々遠大な計画を立てました。
アタック当日の天気は晴れで、展望も抜群。
ところが登り着いた火打山山頂は烈風が吹き荒れる状況で、
焼山アタックは断念。
代わりに雪の黒沢池ヒュッテまでの散策や、滅多に訪れることのない
黒沢岳の山頂に立ったりで、楽しい一日を過ごすことができました。
 

山の思い出(17)

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月11日(月)17時43分8秒
返信・引用
  2007年7月は天塩岳を登りました。
私の写真にはありませんが、昴さんが前天塩岳の山頂で撮られた
エゾツツジの素敵な写真が強烈に脳裏に残っています。
 

山の思い出(16)

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月11日(月)15時25分4秒
返信・引用
  2013年10月の西上州・天狗岩~シラケ山は紅葉の素敵な展望の山でした。  

山の思い出(15)

 投稿者:遊山  投稿日:2019年 2月11日(月)15時15分5秒
返信・引用
  2009年7月の石狩岳は急峻なシュナイダーコースを往復しました。  

レンタル掲示板
/183